アトピー?毛が抜ける柴犬の皮膚病で悩む日々。

アトピー?皮膚病になってから試してみた対策など

安心安全の無添加『アランズ ナチュラルドッグフード』

うちの豆柴むぎは皮膚病があります。

一歳になったあたりから、全身をかきむしり始めました。

比較的病気には強いと言われている柴犬ですが、皮膚病にはかかりやすいらしく、

むぎの場合、特に夏場になると前足や太ももからお腹辺りをすごくかゆがって、噛んで毛が抜けてしまうんです。

心配して動物病院で見てもらうと、皮膚病との診断で、一時的に薬を処方してもらいました。

薬を飲ませると全くかゆがらなくなったので安心したのですが、

獣医さん曰く、「一時的にはいいけど、死ぬまで薬を飲ませ続ける方がリスクがある」とのことで、薬を貰うのはやめることにしました。

じゃあどうすればいいんだと困っていたところ、

「もしかしたらアレルギーかもしれない。アレルギーだったらその物質を取り除けばいいだけだから、薬を飲ませるよりかはいいよ」ということだったので、アレルギー検査をしてもらいました。

アレルギー検査をする

アレルギー検査は食べ物系と、ダニなどの害虫系と、スギなどの花粉系の大きく3種類に分かれていました。

むぎは外で散歩してる時に皮膚を掻いたり、くしゃみなどはしてなかったので、花粉アレルギーではないだろうとの獣医さんの判断もあり、

食べ物系と害虫系の2種類で検査をしてもらいました。

料金は約2万円くらいだったと思います。

お金も人間と同じくらいかかるんですね。

ちなみにペットショップで契約したときに保険に入っていたので、お金は全額あとで戻って来たのでよかったです。

検査結果

検査の結果、2種類のダニに弱めの陽性アレルギー反応が出ました。

コナヒョウダニとケナガコナダニです。

コナヒョウダニは、人や動物のフケを餌にし、ハウスダストの70〜90%を占める(糞、死骸を含む)荒れる原因としてもっとも普遍的に見られる重要なダニです。梅雨の時期の6〜10ガツに死骸が増加します。

ケナガコナダニは、最も発生しやすい食品害虫であり、畳結果にも大発生します。

食べ物には全くアレルギーはなかったので、ひとまず安心しました。

ただダニとなると、いくら掃除をしたとしても完全にゼロにすることは無理なので難しいところです。

ドッグフードを変える

皮膚のスキンケアをしてくれるドッグフードも買って試してみましたが、少しだけ効果はあったものの、残念ながらあまり変わりませんでした。

シャンプーの頻度を多くする

それを獣医さんに相談してみたところ、「ではシャンプーで洗う頻度を高くしてみて」と言われたので、

頻度を高くしてみたのですが、これもあまり効果がみられませんでした。

シャンプーを変える

さらに獣医さんに相談すると、「シャンプー自体を変えてみよう」と言われたので、

皮膚病用の脱脂効果が強めのマラセブシャンプーを患部のところにだけつけて、週に2回くらい洗ってみました。

すると皮膚の調子が良くなったのか、前ほどかきむしらなくなり、毛が抜けることが少なくなってきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マラセブ シャンプー 犬用 250mL(動物用医薬品)【あす楽】
価格:3299円(税込、送料無料) (2020/7/9時点)

まとめ

カナガンデンタルドッグフード

今のところ、皮膚病用のシャンプーに変えることがむぎにとって負担の掛からないベストなケアにはなるんですが、

やはり梅雨の時期から夏場にかけてはダニが繁殖しやすいからか、すぐかゆがって毛が抜けてしまうので油断は出来ません。

ダブルコートな柴犬の春の衣替え換毛期が終わったと思ったら、今度は逆に毛が抜けすぎて困るという…!

柴犬飼っている人あるあるなのでしょうか?

柴犬の皮膚病は一生付き合っていかないといけない病気なので、なるべくかゆいことへのストレスをなくしてあげたいですね。

エッセンシャルドッグフード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です