アイプチ卒業!東京で二重埋没整形をした話。不安?値段は?痛みは?



コンプレックスだった一重とアイプチとの出会い

私は生まれてからずっと「一重」がコンプレックスでした。

重たい一重のせいで、小さい頃から自分でもブスだなと思ったり、人からブスだと言われたりすることがあり、常に劣等感を感じていました。

一重でブスなせいで中学高校はいじめを受けていたし、一重に生まれてこなければこんな人生じゃなかったのに…と思ったり。

中学3年になってメイクを覚え、アイプチという物の存在を知りました。

アイプチは手軽にコンプレックスを解消できる本当に素晴らしい商品でした。

しかしアイプチのほとんどが、私の肌と合わず、まぶたに塗った部分が赤くかぶれてしまい、かゆくなってかさぶたが剥がれる状態になってしまいました。

唯一、絆創膏のノリを使ったタイプだとかぶれずに二重にすることはできました。

でもアイプチってやっぱり違和感があるんですよね。

下を向くと明らかにまぶたくっついてるの見えるし、

しっかり取れないように理想の二重にしようとすると、

まぶたが引っ張られて目が閉じられなくなるし、それで頭痛がするし、長年引っ張ることでまぶたが伸びて、一重が四谷怪談のお岩さんみたいに悪化するんです。

ただ長年アイプチを続けることで、鬼のように重い一重になんとなく二重の線がつくようになりました。

まぁあくまで主観なので、客観的に見ると変わらずただの重たい一重です。

アイプチを続けていたけど、それから完全に二重になることはありませんでした。

当時の私の気持ちとしては、「アイプチしてるの?」って聞かれると、一重を隠してるのを馬鹿にされてるみたいで嫌だったし、

周りを見てみると、アイプチしてる人ってほとんどいなくて、みんなナチュラルに二重や奥二重で綺麗な顔をしてるのに、作り込んでやっと普通の人くらいの顔の私は恥ずかしくなってました。

整形したい。

何度も何度も思いましたが、

友達から「整形してる!」なんて言われたくない。

自分もテレビに出てる芸能人を見て、「可愛いのは整形してるから」って安全な場所で人を非難していたのもあって、

整形することに変なプライドが邪魔をしていました。

しかし私は突然整形することに決めたんです。

二重の埋没整形を決める

なぜ急に整形をしようと思い立ったか。

それは単純に朝、アイプチをする時間が無駄だと感じていたからです。日頃から無駄な作業をするのが嫌いな性格なんですよね。

だから計算してみたんです。

アイプチに毎回5分かかってるとしたら、一年で1,825分。20歳から80歳までやり続けるとしたら109,500分→1825時間→76日→2ヶ月半。

めっちゃ無駄じゃないですか?

限りある人生の丸々2ヶ月半をアイプチという作業に費やしてるんですよ?

しかも貴重な朝の支度時間を。

そして思ったんです。

整形してるって批判してくる人が、優越感を得るために自分がブスでい続ける必要はない。

ブスでい続けることで被る不利益に対して、批判してくる人が責任を取ってくれるわけではない。

自分がアイプチをする無駄な2ヶ月半を、批判する人が自分たちの余命を分けてくれるわけじゃない。

だとしたら、もう整形したほうがメリットが沢山あったし、卑屈になる必要はないと感じたんですね。

そう思ったら、すぐに整形したくなってきて、前から医療脱毛で通ってた美容外科でやろうと決意しました。

契約から手術まで

まず二重の埋没と言っても色々な手術の種類があり、値段もかなり違ってきます。

私が埋没をする上でこの3点を重視しました。

・術後のダウンタイムをなくす

・周りからバレづらい縫い方

・何年経っても糸が取れない

これを全て満たす埋没法は、裏側から4点止めをする方法でした。

その時の値段で両目で約40万円でした。高い。。。

でも初めての埋没で絶対に失敗したくない!って気持ちが強かったので、貯めていたお金を使うことにしました。

ちなみに先生は指名しました。

万が一失敗しても、自分が選んだ先生なら後悔はないかなと。

契約が終わったら、先生と希望の二重幅の確認をします。

最初に私が希望していた二重幅は広すぎるということで、自然なかんじに見えるように少し狭めに設定しました。

そして契約した当日に手術です。

手術のときに使う麻酔は、笑気麻酔と局所麻酔の二つです。

笑気麻酔は手術の恐怖心を軽減し、気持ちを落ち着かせるためにするものです。口から気体の麻酔を吸い込みます。

そして笑気麻酔の後に、まぶたに局所麻酔の打ちます。これはまぶたを縫うときに痛く感じないようにするためです。

局所麻酔はまぶたに注射をするので、そこが怖いと思う人が多いと思いますが、ちょっとチクッとするくらいです!普通の注射されてるところを見れない私でも大丈夫な痛みです。

個人的に問題だったのは、まさかの笑気麻酔でした。

看護師さんから「お酒弱いですか?」って聞かれて、弱いですと答えました。おそらくお酒が弱い体質だと麻酔が効きすぎたりするんでしょうか。

私はお酒がかなり弱いタイプだったので、この笑気麻酔が効きすぎてめちゃくちゃ辛かったです。

どう辛かったかというと、胸を強く圧迫されて、息苦しくて上手く呼吸が出来ません。

そして先生が声をかけながら手術をしていくのですが、それに答えられないくらい圧迫されているので、意識はあるのに全く声が出ませんでした。

死ぬときってこんなかんじなのかな?とか思いながら、とにかく早く手術が終わって欲しいという気持ちでいっぱいです。

声が出ないくらい麻酔が効いていたので、麻酔を弱められたと同時に声が出るようになりました。

すると局所麻酔をしたまぶたに少しだけ痛みが戻ってきましたが、さっきの圧迫感に比べたら全然大丈夫でした。縫われてる感覚だけあるかんじです。

時折目を開けて二重幅の確認をして全て終了です。

他の口コミを見ると、笑気麻酔で私みたいな体験をした人は見かけなかったので、珍しいほうなのかな。

手術自体は30分はかからなかったと思います。

鏡で確認したら、ほぼほぼ内出血はなかったです。すぐ化粧をして帰れるくらいでした。

術後から気持ちの変化

手術して1日、2日してから内出血が少し出てきました。

でもピンクっぽいアイシャドーをすればわからないかんじです。

ただ3日目辺りに左目のまぶたが何か刺さっているように痛みがありました。その次の日も痛みが続いたので、病院に連絡して、先生に見てもらうことにしました。

すると、まぶたを裏返すと縫った糸が出てるわけではなかったので経過観察と言われました。

病院に行った次の日くらいから痛みはなくなりました。あの痛みはなんだったんでしょうか?

一週間もするとまぶたは完全に安定して自然に二重になりました。

トータル、大満足です。

高いお金を出してやってもらったかいがありました。

ダウンタイムがほぼなかったので、本当にちゃんとした二重になるのかな?って心理的な負担が全然なかったです。

元々アイプチをしていたのもあって、メイクした時の顔はほぼ変わらなかったです。

それも私の希望でもありました。大きく変わり過ぎると違和感がありすぎますからね。

最終的な目的の、

・少なくともブスから抜け出すこと

・朝のメイク時間を短くすること

この2つは達成できたと思います。

すっぴんマスクでもマシな顔になれました。

心に余裕ができたから、卑屈にならなくなりました。

あと自分が整形してわかったことは、意外と一般人でも埋没してる人は沢山いるということ。

埋没って自然だとしても、よーく見たらやっぱり生まれつきの二重と違うんですよね。整形やってる人にしかわからない違いかもしないですけど。

バイトでレジ打ちをしているときに、伏し目がちになった女性のお客さんを何百人と見てきましたが、かなりの数の人がやってます。

だから整形してる自分が特別なかんじもしなくなりました。

もし整形するか迷ってる人は、思い切ってやったほうがいいと思います。

私ももっと早めにやっておけばよかったなと思ってます。

この体験談を読んで、実際にコンプレックスを解消して明るくなれた人がいるなら嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です